さくやま眼科 | 西多摩郡日の出町の眼科 | イオンモール日の出

開く

さくやま眼科 | 西多摩郡日の出町の眼科 | イオンモール日の出

〒190-0182 東京都西多摩郡日の出町平井三吉野桜木237-3 イオンモール日の出 1F

さくやま眼科 | 西多摩郡日の出町の眼科 | イオンモール日の出

診療案内

  • 休診日 : 水曜日
  • 社保・国保 各種保険取り扱い
  • 初めてコンタクトレンズを使用される15歳以下の方は、保護者同伴でご来院ください。

診療内容

眼科一般

眼科一般

視力低下、かゆみ、充血、かすみ目、疲れ目、涙目、目の痛みなど、 目について気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

目の疾患は初期の糖尿病網膜症など自覚症状があらわれにくいものも 少なくないため、定期的に眼科を受診されることをお勧めします。

結膜炎・ものもらい

結膜炎・ものもらい

結膜炎とは、結膜が赤く充血して炎症を起こす病気です。 細菌性結膜炎、ウィルス性結膜炎、アレルギーで起こるアレルギー 性結膜炎など様々な種類々があります。

ものもらいは、瞼の脂腺や 汗腺が細菌感染によって急性に化膿するもので、瞼の縁近くが赤く 腫れて、押さえると痛みがあります。

花粉症などアレルギー検査と治療

花粉症などアレルギー検査と治療

花粉によるアレルギー性結膜炎は症状が出る前から、対策を始めることで発症を遅らせたり、飛散シーズン中の症状を和らげることが期待できます。

点眼、点鼻薬だけでなく、内服薬、季節前投与なども対応しております。毎年花粉症にお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

飛蚊症

飛蚊症

モノを見ているときに黒い虫のようなものが動いて見える状態のことです。 その原因は生理的なものか、病気によるものか、大きく2つに分かれます。 飛蚊症で大事なことは、原因をはっきりさせることです。生理的な原因に よる飛蚊症の場合は、特に治療の必要はありません。 しかし、網膜剥離な どの病気が原因の場合は、早急に治療が必要となります。

眼底疾患(糖尿病網膜症・黄斑変性・網膜剥離など)

眼底疾患(糖尿病網膜症・黄斑変性・網膜剥離など)

糖尿病網膜症、黄斑変性、網膜剥離、網膜の出血・浮腫・変性等の眼底 疾患をはじめ、他のほとんど全ての眼科疾患で眼底を精密に検査することは 欠かせません。網膜や視神経の様子から高血圧や糖尿病など全身疾患を 発見するきっかけにもなることあります。

小児眼科(仮性近視の改善・進行抑制治療)

小児眼科(仮性近視の改善・進行抑制治療)

お子様の仕草などで気になることがあったり、学校健診で眼科の受診を 勧められた場合はお気軽にご相談ください。また、アトロピン点眼薬によるお子様の近視抑制治療等も行います。 視能訓練士も常駐しておりますので安心してご来院ください。

眼鏡・コンタクトレンズ処方

眼鏡・コンタクトレンズ処方

患者様お一人おひとりの視力や生活スタイル、ご要望に合わせた、適正な メガネ、コンタクトレンズの 処方を行います。

目の不調などは度があっていないことによる場合もあります。 気になることがありましたら些細なことでもご相談ください。

ドライアイ・眼精疲労

ドライアイ・眼精疲労

涙の分泌量が減ったり、涙の質が低下することによって、目の表面を潤す 力が低下した状態をドライアイと呼びます。

現在、日本では約800~2,200万人ものドライアイの患者さんがいると いわれ、年々増加傾向にあります。特にパソコン作業中は瞬きが減るので より乾燥し、眼精疲労を助長します。点眼治療の他、固体涙点プラグ、液体涙点プラグ(キープティア)を症状の強い方を中心に考えております。

涙点プラグについて

白内障・緑内障の診断と治療

白内障・緑内障の診断と治療

白内障は点眼治療で進行を遅らせることができる場合がありますが、進行 したものは白内障手術を必要とします。

緑内障は現在では、40歳以上の有病率は5%(20人に1 人)であることが わかっています。健診などで緑内障を疑われた場合は早めにご相談いただ き、詳しい検査を受診いただくことをお勧めします。

各種レーザー治療

各種レーザー治療

レーザー装置を用い、特定の波長のレーザー光で病的な網膜を凝固させる ことにより病気の進行を抑えます。

糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、中心性漿液性脈絡網膜症、網膜裂孔などの 眼底の病気に対しておこなわれる治療法です。また、YAGレーザーによる後発白内障に対する治療も行います。

検診等の再検査

検診等の再検査

お子様からご年配の方まで、健康診断などで目について指摘を受けた場合 はそのままにせず、早めにご相談ください。

。目の疾患は自覚症状が少ない 場合も多いですが、まれに重篤な疾患が見つかる場合もあります。特に40歳を過ぎましたら、定期的な検診をお勧めいたします。