さくやま眼科 | 西多摩郡日の出町の眼科 | イオンモール日の出

開く

さくやま眼科 | 西多摩郡日の出町-あきる野市 | イオンモール日の出

〒190-0182 東京都西多摩郡日の出町平井三吉野桜木237-3 イオンモール日の出 1F

さくやま眼科 | 西多摩郡日の出町の眼科 | イオンモール日の出

IPL 新しいドライアイ治療

マイボーム腺機能不全(MGD)に対する治療

ドライアイでお悩みの方ご相談ください

マイボーム腺機能不全(MGD)とは

まぶたの裏側には、油を分泌する腺である、マイボーム腺という器官があります。涙は水の層と油の層からできており、涙の表面に薄い油の層が乗っていて、これが涙の蒸発を防いでいます。
この油の層の油分を分泌しているのがマイボーム腺になります。

マイボーム腺の出口(まつげの生え際にある開口部)が何らかの原因(感染や汚れなど)によってつまると、涙の油の成分が足りなくなり、涙が蒸発しやすくなることで、ドライアイの症状が引き起こされます。
また炎症が起きやすくなり、麦粒腫(ものもらい)などの原因となったりします。これをマイボーム腺機能不全(MGD)といいます

IPL 新しいドライアイ治療

IPL(Intense Pulse Light)はマイボーム腺機能不全を改善させることによる、新しいドライアイ治療です。もともとはシミ治療や脱毛など、美容医療の領域で使われてきた機器ですが、炎症を抑える効果やマイボーム腺のつまりを溶かす効果などが、ドライアイの改善に期待できるといわれています。
これまでのドライアイ治療は毎日点眼を複数回ささなければならないといった、継続が必要な対症療法が主でした。IPLによる治療は、マイボーム腺の正常な機能を取り戻すことでドライアイの原因を直接治すことができる治療法です。

IPLの最上位M22

当院ではルミナス社製のIPL M22を導入し、IPLを提供致します。ルミナス社はIPLのパイオニアであり、そのため、IPL治療を専門に行う、多くのクリニックで採用されております。

M22 byLumenis

より安全に

IPLのパイオニアであるルミナス社の最新機種、M22。進化した照射技術により、エネルギーがすべてのパルスで均一に照射されるため、表皮へのダメージを軽減し、より選択的に肌トラブルのターゲットにダメージを与えることができるため、さらに安全な施術が可能になりました。

OPTテクノロジー

痛みの少ない手術

熱伝導率に優れるサファイヤガラス製のライトガイド(照射の際、肌に触れる部分)により、冷却機能が強化され、施術時の痛みがさらに軽減されました。

15×35㎜と8×15㎜の2種類で治療ニーズや治療部位に合わせ切り替えが可能

IPLによるドライアイ治療の流れ

まずはご相談を

一般眼科外来で院長の診察を受けていただきます。ドライアイの診断、IPLの適応を判断し、IPL治療についての詳しい説明を受けていただきます。

治療の前後2週間程度は紫外線対策(日焼け止めの使用)が必要になります。

治療の前に

メイクや基礎化粧品を落としていただきます。

眼周囲に産毛が生えている場合、痛みの原因となることがありますので、剃毛を勧めさせていただく場合がございます。

照射部位にホクロがある場合はシールでカバーします。

IPL 治療の流れ

1洗顔
メイクを落とします。
2冷却ジェルを塗布
肌を保護するため、冷却ジェルを塗布します。
3IPL照射
照射は約10分程度、下眼瞼(こめかみ、頬、鼻)へ行います。輪ゴムで弾かれたような感覚があります。
4直後からメイクも可能
ダウンタイムがないため、メイクをして帰宅できます。
施術の流れ

効果

自覚症状 81%改善
NIBUT 84%改善

NIBUT:目を開けてから涙の膜が壊れるまでの時間
Arita, et al. Ocul Surf. 2019;17(1):104-110.
Arita R, et al. Cornea. 2019; 38(2): e4.

治療は3~4週間おきに数回(4回以上)実施が効果が高いと言われています。その後も、症状に合わせて追加で受けていただくことも可能です。

IPL(ドライアイ治療)料金表(両眼)

1回 4回コース
IPLドライアイ治療
※両眼
8,800円(税込) 32,000円(税込)

※初回のみ初診・診察代700円が追加で必要になります

※IPL(フォトフェイシャル)は専用ページをご覧ください

ドライアイでお悩みの方へ

IPLは比較的マイルドな治療法で、施術時間も短時間で済み、痛みも少なく、ダウンタイムもないといった、比較的安全性の高く、負担も少ない、受けやすけやすい治療ではないかと思います。

ドライアイの新しい治療法として、注目されつつあるIPLについてご紹介いたしましたが、ドライアイの治療の基本は、今も昔もやはり点眼治療です。簡便で安全性も高く、経済的にも負担は少ないですので、ドライアイ治療の第一選択はやはり点眼治療だと思います。今はドライアイの治療薬も複数から選択できるようになり、その組み合わせにより、治療効果を高めていくことも期待できます。しかし、点眼治療では限界があることも事実であり、点眼治療では改善しない場合や、様々な理由で、点眼回数をしっかり確保できない場合などは、積極的に点眼以外の治療を検討していくべきだと思います。

ドライアイも病態が解明されるに伴い、原因に合わせた治療法が確立されてきました。
ドライアイ患者さんの8割にマイボーム腺の機能に異常があるといわれておりますが、特に今回ご紹介したIPLは、このマイボーム腺の正常な機能を取り戻すことで、ドライアイの原因を直接治すことができる、根治が目指せる治療法です。比較的簡便でリスクも少なく導入しやすい治療ともいえるのではないかと思います。外来診療をしていると、「点眼しても全然変わらない」「点眼した直後は良いけどすぐ乾く」「そんなに頻回に点眼することはできない」、という声をよく聞きます。ドライアイは自覚症状がとても重要な疾患です。見た目の所見は大したことなくても、自覚症状が強く出ることはよくあります。ドライアイの症状でお悩みの方は、ドライアイの原因をはっきりさせ、IPLを含めた点眼以外の治療法について、ご相談していただければと思います。(IPLの他にも、保険適応の液体コラーゲンプラグや固体プラグの治療を行っております。)